スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

凍 沢木 耕太郎  ★★★★

凍 (新潮文庫 さ 7-17)凍 (新潮文庫 さ 7-17)
(2008/10/28)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


最強のクライマーとしても呼び声も高い山野井泰史氏と妻であり、世界有数のクライマーでもある妙子氏二人で達成した奇跡の登山行についてのノンフィクション。目指す山は、8000Mに下回るけれど、まだ、誰も登頂した事のない、ヒマラヤの難峰ギャチュンカン(7952M)です 。 夫婦でのアルペンスタイルによる北壁登頂を目指しました。二人での登頂はできなかったのですが、泰史氏が登頂に成功しました。しかし、その後雪崩に襲われるなどしたが、夫婦の力で奇跡的に帰還しました。しかし、その代償として重度の凍傷により、妙子氏は手足の指を18本失い、泰史氏も 10本を失った。 

凍では、ギャチュンカンとの出会い、そして登頂とともに、山野井氏の11歳からの登山人生について書かれています。ハイキング程度の山登りとやっと今年富士山を登頂して満足していた私には、まったくしらない、登山の世界がそこにはありました。厳しいという言葉では正直言い表せられない過酷な状況下で、人間の限界に囚われない強さを、山野井夫婦の中に見ることができました。 

彼らは、手足の指を失った状況下で、常に前向きに生きるだけではなく、改めて、山に挑戦をし続けています。彼らのこの強さの源は何だろう、そして、命を失う危険を負ってでも挑戦する気持ちはどこから来るのだろうと思いながら、限界というものは、自らが設定してしまうもので、与えられるものではないのだなと感じました。本の中で非常に感銘をうけた一説を紹介します。

「これは、絶対に登れないだろうなと思っていたルートが、諦めないで登っているうちに何週間かで登れるようになる。新しい筋肉がつくのには二ヶ月必要だという。だから、筋肉がつくことによって登れるようになるのではないだろう。失敗しても失敗しても登っているうちに、あるとき脳のどこかが、ここは登れると思うようになる。そこと手足の神経が結びついたとき、登れなかったはずのところが登れるようになるに違いなかった。」

つまり、できないと思った瞬間に、全ての可能性はなくなるが、できると信じて挑戦する限り、そこにか必ず可能性というものがあるという事だと思いました。

もちろん、山野井夫妻の強さを誰にでも求めることができないですが、仕事であれ、遊びでれ、この気持ちをもって続けることで、より高い自分を発見できるのではないかと思いました。

********
登山には、大きく2種類の他山スタイルがあり、一つ目はアルパインスタイル、もう一つが極地法と呼ばれるスタイル。

登山スタイル詳細 From Wiki & 山旅メーリングリストより
アルパインスタイル: 大規模で組織立ったチームを編成して行なう極地法とは異なり、ベース・キャンプを出たあとは一気に登り、下界との接触は避ける。また、サポート・チームから支援を受ける事もないし、あらかじめ設営されたキャンプ、固定ロープ、酸素ボンベ等も使わない、登る人の力にのみ頼ることを最重要視して行なう登山スタイルである。
極地法: ベースキャンプと前進キャンプの間を何度も往復して前進キャンプに必要な荷物を蓄え、最終的に前進キャンプから山頂を目指す登山形態。登頂には多くの期間と人員、そしてお金が必要であることもあり、また少人数で山頂を目指すのが美徳とされるにあたり、極地法はあまり流行らなくなってきている。
スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
 | BLOG TOP | 

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

最近のコメント

プロフィール

りゅうじ

Author:りゅうじ
うーじの本棚

Menu

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。