スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

凍 沢木 耕太郎  ★★★★

凍 (新潮文庫 さ 7-17)凍 (新潮文庫 さ 7-17)
(2008/10/28)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


最強のクライマーとしても呼び声も高い山野井泰史氏と妻であり、世界有数のクライマーでもある妙子氏二人で達成した奇跡の登山行についてのノンフィクション。目指す山は、8000Mに下回るけれど、まだ、誰も登頂した事のない、ヒマラヤの難峰ギャチュンカン(7952M)です 。 夫婦でのアルペンスタイルによる北壁登頂を目指しました。二人での登頂はできなかったのですが、泰史氏が登頂に成功しました。しかし、その後雪崩に襲われるなどしたが、夫婦の力で奇跡的に帰還しました。しかし、その代償として重度の凍傷により、妙子氏は手足の指を18本失い、泰史氏も 10本を失った。 

凍では、ギャチュンカンとの出会い、そして登頂とともに、山野井氏の11歳からの登山人生について書かれています。ハイキング程度の山登りとやっと今年富士山を登頂して満足していた私には、まったくしらない、登山の世界がそこにはありました。厳しいという言葉では正直言い表せられない過酷な状況下で、人間の限界に囚われない強さを、山野井夫婦の中に見ることができました。 

彼らは、手足の指を失った状況下で、常に前向きに生きるだけではなく、改めて、山に挑戦をし続けています。彼らのこの強さの源は何だろう、そして、命を失う危険を負ってでも挑戦する気持ちはどこから来るのだろうと思いながら、限界というものは、自らが設定してしまうもので、与えられるものではないのだなと感じました。本の中で非常に感銘をうけた一説を紹介します。

「これは、絶対に登れないだろうなと思っていたルートが、諦めないで登っているうちに何週間かで登れるようになる。新しい筋肉がつくのには二ヶ月必要だという。だから、筋肉がつくことによって登れるようになるのではないだろう。失敗しても失敗しても登っているうちに、あるとき脳のどこかが、ここは登れると思うようになる。そこと手足の神経が結びついたとき、登れなかったはずのところが登れるようになるに違いなかった。」

つまり、できないと思った瞬間に、全ての可能性はなくなるが、できると信じて挑戦する限り、そこにか必ず可能性というものがあるという事だと思いました。

もちろん、山野井夫妻の強さを誰にでも求めることができないですが、仕事であれ、遊びでれ、この気持ちをもって続けることで、より高い自分を発見できるのではないかと思いました。

********
登山には、大きく2種類の他山スタイルがあり、一つ目はアルパインスタイル、もう一つが極地法と呼ばれるスタイル。

登山スタイル詳細 From Wiki & 山旅メーリングリストより
アルパインスタイル: 大規模で組織立ったチームを編成して行なう極地法とは異なり、ベース・キャンプを出たあとは一気に登り、下界との接触は避ける。また、サポート・チームから支援を受ける事もないし、あらかじめ設営されたキャンプ、固定ロープ、酸素ボンベ等も使わない、登る人の力にのみ頼ることを最重要視して行なう登山スタイルである。
極地法: ベースキャンプと前進キャンプの間を何度も往復して前進キャンプに必要な荷物を蓄え、最終的に前進キャンプから山頂を目指す登山形態。登頂には多くの期間と人員、そしてお金が必要であることもあり、また少人数で山頂を目指すのが美徳とされるにあたり、極地法はあまり流行らなくなってきている。
スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

P&G式 世界が欲しがる人材の育て方―日本人初のヴァイスプレジデントはこうして生まれた

P&G式 世界が欲しがる人材の育て方―日本人初のヴァイスプレジデ ントはこうして生まれたP&G式 世界が欲しがる人材の育て方―日本人初のヴァイスプレジデ ントはこうして生まれた
(2008/08/22)
和田浩子

商品詳細を見る

星★★★

1:どんな本?
和田浩子著者のP&Gを通しての自伝であり、その自伝を通してP&Gの強さとはを説明している。
2:どのような内容?
P&Gの強さの秘密として、必要不可欠なスキル、人材戦略などが説明されている。
例:
ワンページメモ:全て1ページないでしっかりまとめる能力
WCFs:明文化されているP&Gでの必要能力
リーダーシップ、実行能力、優先順位付け、他人との効果的な協働等など。。。
適所適材:やるべきことがありきで、適材をもってくる。
3Eリーダーシップモデル:Envision/Energize/Enable
ビジュアルでチームを率いる・動機付け・人材育成/組織開発
マネージャーの評価:50%は、人材育成

3:この本の個人的意義
上記の内容を通して、自分自身、または、自分の会社との相違点を客観視し、
改善できる部分を取り込む事が重要だと思います。特に人材育成についての評価の割合は、弊社も含め余り大きくない場合が多いのではないのでしょうか。
50%という大きな割合があることによって、人材育成の達成目標自体も細分化して、しっかり達成度合いを測ることができるのでは思います。
いくつかのチームを既にもたれているSeniorマネージャーの方には、この部分の考え方は、部下のマネージャーに対する目標設定や評価に関する参考になるのでは思います。

星の定義:
★★★★★ 人生観を変えるほどのインパクトがあった。
★★★★  今後の改善に繋がるヒント多数あり、非常に参考になった。
★★★   発見、参考になる内容が複数あり、十分投資回収できた。
★★    発見、参考になる内容が1つはあった。
★     得るものがなかった。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

こころ 夏目漱石

こころ (新潮文庫)こころ (新潮文庫)
(1952/02)
夏目 漱石

商品詳細を見る


夏目漱石の後期三部作の終局をなす秀作と説明されている「こころ」であります。

登場人物は、私、先生、両親、親友、居候先の奥さんとお嬢さん+私の親族。
主は、私と先生ですが、先生の気持ちを理解するのは、私も含め現代人には正直難しい部分があるのではないでしょうか。

「こころ」は、
先生と私
両親と私
先生と遺書
の三部構成になっています。
 私に関しては、若い学生が年上の人間に興味をもち、その人の事と知りたいと思う欲求が出てくること、また、自分知らない世界に対して、自分なりの意見をぶつけてみたいと思うのは、時代に関係なく起こることだと思います。今でも、本当に正しいことと、社会的に正しいこと、常識的に正しいこと違います。つまり、常に事勿れ主義の中にある大人たちの正義は、子供達のそれとは異なっていて、その為、「なぜ」ということがその間で議論されます。ですので、私が、いろいろな場面で、先生に対して真意を求めていくということは、十分理解できる内容でした。
 両親に関しても、田舎での親の体面という部分で、両親の気持ちには同調はしないが、理解はできます。つまり、自分の子供も対して、お金を掛けて、学校に通わせたのだから、それなりの職業なりについてもらわないと困るという気持ちは、やはり持ってしまうものなのかなあと思います。これは、田舎ものであれ、それなりに社会的な地位がある人であれ、どういう立場でも、どの時代でも、発生しうるものだと思うからです。
 で、最終的に先生に対してですが、彼が結局自分を常に追い込み続けたのは、自業自得の結果だと思います。自分で親友を自分の世界に連れ込み、その友人と居候先のお嬢様の関係に勝手に嫉妬し、親友がお嬢様に気があり、本気悩んでいて、相談を持ちかけられた末に、親友に相談もなしに結婚を申し込み、親でる居候先の奥様に承認される。そして、それを知った親友は自殺する。もちろん、自殺した親友が先生を恨んでの自殺なのか、自分自身を責めての自殺なのかわかりませんが、正直、人を裏切った最悪の行為だったと思います。また、結果、自分自身も自殺をしてしまう。そして、親友を裏切ってまで手に入れた相手を、結局幸せにするところか、最悪の状況に突き落として自分は勝手に去ってしまう。 もちろん、この明治の時代背景というものが色濃く反映されているのでしょうが、それでも、先生の終始にわたる対応は、よろしくありません。この前提には、人を信じる事ができなくなった、つまり信じていた叔父に裏切られたが為にということが、常に先生自身の考え方に関連してくるとの事ですが、それも言ってしまえば、自分勝手な被害妄想だし、結局彼自身の考え方が幼かったのではと思います。

余り難しい事はわからないので、この本の背景にどのように夏目漱石の思いがあったのかは、別途調べてみたいと思いますが、どうも、気持ちがすっきりしない感じがしています。





RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

3000円の挑戦

最近では、小学生からおじいちゃん、おばあちゃんまで、サブプライムローンという言葉は聞いた事があるのではないだろうか。結論からいうと、論理的に頭の良い人間が考えた物が、論理的には問題なかったのだが、現実的には間違えていた結果、一般庶民が犠牲になる結果になっといえると思う。

そして、只今株価は乱高下を繰り返している。私自身は、既に痛い経験をしているので、短期ではなく、10年、20年先を見据えて、投資をしているのだが、先日、証券口座に3000円の残金を発見。 これを、どうにかできないかなと考えた。

実は、現在SBI証券を使っているのだが、10万円以下の約定は手数料が無料というコースを使っている。
その為、3000円という小額でも問題なく売買できる。

でも、3000円で購入できる株?????

ニューディール。 株価は、2円。単位は、100株。 つまり200円から購入可能。

ということで、3000円の挑戦が始まった。

10月28日 1500株購入。3000円。
翌日株価50%UPつまり、3円。 価値は4500円。

今日、31日も3円KEEP.

いくらまで成長できるのか?
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
 | BLOG TOP | 

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2008年11月 | 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

最近のコメント

プロフィール

りゅうじ

Author:りゅうじ
うーじの本棚

Menu

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。