スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

闇の子供たち (幻冬舎文庫) 梁 石日 ★★★★★

闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
(2004/04)
梁 石日

商品詳細を見る

この本を手にした切欠は、何かの紹介で目にした、「まず知ることから始めよう。」という一説でした。自分に何かできるかとかそういう事ではなくて、まず、同じ地球上で何が起こっているのか知る事の重要性を、そこでは説明していました。

幼児売春、臓器売買、人身売買。活字を見ただけでも、体の中での拒否反応を感じる事ができます。ただ、その活字の裏側を知らなかった私としては、この本を読むまでは、その真意を知ることはありませんでした。 この小説は、あくまでフィクションでありますが、実際読み進めていくと、これは、真実なのだろうかと思う部分が多々あります。内容は、幼児売春部分も含めて、非常に具体的に、そして生々しく描写されています。 その現実から目を背けたくなり、本を閉じてしまう事も幾度とありました。 限りなく、ノンフィクションとして受け止める必要があると感じる一冊だと思います。

「闇の子供たち」は、タイを通して、上記の問題点について、被害あっている子供達、斡旋している組織と、その救済を目的に活動しているNGOの視点から主に書かれています。 複数の視点から描写されることで、問題の全体構造が明確になるだけではなく、これらの問題が、日本人にとって、非常に身近な問題であるということも理解できました。

読み終わって思うことは、改めて、知る事の大切を再認識した事です。

被害にあっている子供達は、欧米や日本など金銭的に裕福な国の児童性愛者(ペドファイル)の、性的道具として扱われております。 また、売春だけではなく、そのような国の子供達への臓器提供の対象になったいます。 子供達は、生きたまま臓器売買のために殺される現実があります。つまり、資本主義をリードしている外貨のつよい国の人間が、貧しい国の人間を低価値のものとして、命を物として、利用しているのです。 

「闇の子供たち」は、何も知らない状況で親からブローカーに売られ、直ぐに性的商品として扱われ、病気になればゴミとして捨てられ、時には健康な状態で、臓器提供の為に殺されていきます。

では、この事実をしった私は何ができるのでしょうか。

まず、更に知る事を行いたいと思います。その上で、このような問題を解決するためにどのような取り組みがなされているのかを知る事です。 本の中では、現場で活動している人たちが常に、金銭的に厳しい状況で活動しているという状況がありました。自分自身では中々直接的なアクションを起こすことができなくても、実際に頑張っている人たちをサポートすることはできるのでは思います。


スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

最近のコメント

プロフィール

りゅうじ

Author:りゅうじ
うーじの本棚

Menu

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。